にこまる食堂運営日誌

250にこまる食堂で貧困をなくせ!

03/09 2010

こんにちは。

突然ですが、このブログをご覧の方は、以下2つの事実をご存知でしょうか??

  

   

①「日本では本来食べられる食品が毎年500~900万トン捨てられている」

 

ちなみに世界の食料援助総量は740万トンです。つまり、日本では世界の

 

食料援助と同量(あるいはそれ以上)の食料が廃棄されているということです・・・。

  

   

☆  

②「日本にはまともに食事をとることができない人がおり、餓死者も出ている」

   

ex.  

K2インターナショナルに関わりのある定時制高校には、まともな食事が学校

  

の給食のみという生徒が相当数存在します。また、言うまでもなく日本には

  

2万近い数のホームレスの方がいますし、餓死する人もいます。

  

  

☆ 

      

要するに、「一方で餓死者をだしながら、一方で大量の食べ物を捨てる」という大きな

  

矛盾を抱えているのが今の日本の現状なんです。

      

 

☆ 

 ☆ 

こんな食の不均衡を解消するのが250にこまる食堂です。

  

250にこまる食堂では、500~900万トンの「食べられるのに捨てられる食品」を

  

集めて限りなく原価を0円にし、生活困窮者の方々に無料で食事を提供することを

  

目指しています。

      

☆ 

   

   

「出荷できない野菜・果物・米を抱える農家の方々」、「家庭菜園で食べきれない

  

くらいの野菜を作ってしまった方々」、「たくさん貰い物をして食べきれないでいる方」

  

s08388ys@sfc.keio.ac.jp までご連絡ください!

  

(お電話の場合は、045-753-5216)

   

250にこまる食堂で使わせていただきます。


この記事には投稿できません.